フランス人は怠け者?失敗だらけ!ワーホリに来て後悔した5つのこと

フランス

こんにちは。パスタ(@mrpa555)です。

まずこの記事にたどり着いたということは、「留学 後悔 失敗」と検索した方だと思います。

つまり現在、留学やワーホリを検討しているが、迷っている、または前情報を求めている方たちだと思います。

正直僕は、ワーホリでフランスに来たことを本当に後悔しています。

もちろん、それは文化の違いや、言語の壁があるのは間違いないですが、僕はそんな中でも誰よりもラッキーとアンラッキーを拾った自信があります。

Sponsored Link

フランス留学・ワーホリは困難だらけ

フランスというと、チーズ、ワイン、パンを食べ、優雅な生活でトレビアン!なんて考えている人が大半だと思います。

しかし、実際は、今まで何度も紹介したように、日本人の感覚からすると、難アリな国民性と、行政サービスに本当にくじけそうになります。

  • 賃貸
  • 仕事
  • 銀行

まず、この3つは、生活の上で一番大事なことですが、一番難しいです。

フランスで合法的に賃貸を借りられない

日本でも同じですが、賃貸を借りるには、フランス国内にいる保証人が必要になります。

ワーホリや留学できたばかりの人は、まず家を見つけられません

そして、シェアハウスなどを探すのですが、そこでも職業や収入を聞かれたりします。誰も、訳のわからない外国人を住ませようとは思わないですよね。

なので、最初は学校などに行き、学生寮しかないかと思います。しかし、この学生寮がパリだと、目玉が飛び出るほど高い!!

ラッキーな人は、フランスで恋人を見つけ、家賃タダで住んでる!なんて人もいますが、、、

フランスでアパート、コロカッションなど家の見つけ方【ワーホリ/留学】

フランスでの仕事はフランス人最優先

フランスで仕事を見つけるのも、本当に難しいです。

なぜなら、フランス語をネイティブ並みに話せたとしても、フランス人を優先して採用するからです。

よって、バイトするなら、日本食レストランになるかと思います。

またそのバイトが厄介で、契約には本当に注意を払うべきです。違法労働を勧められます。

なぜなら、多くの日本食レストランは、ワーホリや学生留学でくる人を、何でも言うことを聞く奴隷か何かと勘違いしている人が多いからです。

フランスのワーホリで仕事見つけの方法と注意点【留学/ワーホリ】

銀行はパリ以外だとまず作れない

正攻法銀行を作るには、さまざまな書類が必要です。

この書類がまず、外国人には用意できないものばかりです。ですが、銀行を持ってないと、バイトをできないし、家も借りられません。

しかし、パリのLCL銀行であれば、2018年現在500€の定期貯金を作れば、銀行を作ることができます。

僕は、当初リヨンにいたので、N26というドイツの銀行に頼るしかなかったです。

パリのLCLピラミッド支店なら銀行開設が簡単【ワーホリ/留学】

【ヨーロッパ】世界中のどこからでもN26の銀行口座を開く方法【留学/ワーホリ】

フランス留学・ワーホリは怒りだらけ

国が違えば、文化も違うし、言葉の壁もあります。

僕は、当初、ある程度の違いには理解しているつもりで、日本と違っても気にしないつもりでしたが、あまりにムカつく奴が多いので、イライラすることが多くなりました笑

正確なフランス語を話さないと相手にされない

観光地ならば英語が伝わることも多いですが、スーパーなどではフランス語以外の言葉だと相手にしてもらえません。

しかも、完璧なフランス語を求めてきます

もしも下手くそなフランス語を話すと「J’ai rien compris(意味わからん)」と、言われます。そして、何とか要望を伝えても「Je sais pas(知らない)」と返ってきます。

あんたここで働いてるんだろうが!!!と何度か、怒ったこともあります笑

郵便物は届かないか壊れてる

まずフランスには、La Posteという悪名高い郵政事業があります。

日本でいう、郵便局なんですが、これが本当に難アリ。

基本的に届かないし、届いても壊れてる、到着まで2カ月、または消える荷物。

彼らは、文字が本当に読めないか?というほど、信じられないことをやってのけます。

僕は、彼らのせいで、銀行のカードをなくされ、PINコードの郵便も無くされ、お金を受け取れなく、危うく殺されかけました。

何が何でも謝らないフランス人

フランスで、これ間違いなんじゃないの?と言っても、謝らずに言い訳されることが多々あります。

そして、簡単な言葉言えばいいのに、相手が外国人ということで、難しい単語を使ってきます。

さらに、冗談や皮肉で返してくることもあります。

一番ムカつくのは、「C’est pas mon problem(俺のせいじゃねぇよ)」。

超個人主義な国だということは、わかっていましたが、ここまでくると、さすがにカチンとくるのは、僕だけでしょうか?

パリ以外だと割といい人に出会う

僕は、フランスでの最悪な体験をたった4カ月滞在したパリで経験しました。

しかしパリから離れると、気持ちのいい人には良く会うし、街を歩いているだけで挨拶もされることがあります。

おそらく、パリにいる人はフランスの中でも特殊な人なんだと気づきました。

僕は、留学・ワーホリをフランスでするなら、パリ以外の都市をオススメします。パリでしか出来ないことって意外と少ないですから。

結局VISAがもらえそうなのでしばらく滞在します

さて、フランスの国民性、行政機関、サービスが、心の底から嫌いな僕ですが、本当のことを言うと、しばらく滞在することになりそうです。

なぜなら、VISAがもらえる。

これは本当に運が良かっただけです。

パリで事故、事件に巻き込まれ、空き巣で死にかけた話。海外旅行保険はケチるな!【フランスワーホリ/留学】

フランスでの仕事探しと賃貸悪徳大家への注意【フランスワーホリ/パリ】

ワーホリで1年滞在した、フランスは地獄のようなことばかりで、本当に死にかけましたが、これから良いことだけを掴んでいければと思います。

コメント