【フランスワーホリ申請】申請書と申請動機作文の書き方について

フランス留学

どうも!Mr.SPAGHETTI(@mrpa555)です。

今回は、フランスのワーホリにおいて、一番トリッキーな書類「申請動機作文」について、説明しようと思います!

こちら、完全にフリーフォーマットで、本当に決まりがないので、多くの人がとても悩むと思います。

今まで、テンプレートがあったのに、いきなり無くなったら、迷いますよね?でも、大丈夫です。完全にフリーフォーマットな申請動機作文ですが、ある程度筋道を理解できれば、スラスラ書けると思います。


Sponsored Link

フランス、ワーホリ申請必要書類

まずは、何度も書きますが、さらっと、おさらいします。

  1. パスポート
  2. 申請書類チェックリスト
  3. 長期ビザ申請書一部(証明写真含む)
  4. 申請動機作文(仏・英・日本語のいずれかで記入) ←今ここ
  5. 滞在中の計画書(仏・英語のいずれかで記入)
  6. 履歴書(仏・英語のいずれかで記入)
  7. 残高証明書(仏・英語のいずれか)
  8. ワーキングホリデービザ宣誓書
  9. 健康診断書(日本語可)
  10. 海外旅行保険加入証明書(仏・英語のいずれか)
  11. 返信用封筒(切手を貼付して)

実はワーホリで申請動機を聞かれるのはフランスだけ

フランスへのワーホリは、長期ビザ申請書の設問24、25のように、VISA認可されてないから、書けないよ!みたいな質問が多くあります。

もうすでに、なんてメンドクサイ国なんだ!!と思っているかもしれませんが、向こうはかなりトリッキーな国ですから、そりゃレミ・ガイヤールのようなクレイジーガイが育つのも理解できます。

そんな書類の中で、一番トリッキーなのは、「申請動機作文」でしょう!

他の国のワーホリを調べても出てこないですから!!

では、実際に書いていきましょう。

ワーキングホリデー・ビザ申請書

特に悩む設問はないですが、先に書いた、「長期ビザ申請書」と矛盾がないように書きましょう。

学歴、資格について

日本の場合、高校「卒業」から書くと思いますが、必要ありません。

僕は、大学をいつ卒業したのか?何学科だったのか?だけ書きました。

例「平成〇〇年 ××大学 △△学部凸凹科 卒業」

資格については、テキトーでいいですが、あまり専門的な資格は書かない方がいいそうです。

理由は、フランスで、ワーホリを使って専門職には就けないからです。

なので、僕はIT関係資格は特に書かず、「食品衛生管理者、普通免許」だけ書きました。

職歴について

まだ職歴のない人なら、空白でいいです。

職歴がある方は、いつ入社していつ退社するか?なんて、書かなくてもOKです。

要は、どんな会社で、どんな役職だったのかさえ分かればOKです。

例「平成〇〇年 株式会社△×〇 営業部 課長」

以上終わりです。

日本のように、細かい経歴なんて必要ありません。結局、その会社で何やったの?だけわかればOKです。

ワーキングホリデービザ発給の場合には、いつ頃フランスに発つ予定ですか?

 

この設問は、絶対に、「長期ビザ申請書」の設問26、「フランスまたはEU圏内に入る予定日」と同じにしましょう。

書類ごとに矛盾があってはダメです。

これは、本当に気を付けましょう。

申請動機作文

さぁ、最難関の申請動機作文です。

なぜか皆さん、フランス語で書きたがりますが、日本語で大丈夫です。

ただ、フランス大使館が読むので、多少綺麗な字で書きましょう。当たり前ですが、ボールペンで記入です。

こちらの作文は、起承転結さえうまく付けられれば、問題ないと思います。例えですが、

起:なぜフランスなのか?

承:フランスで何しますか?

転:っていうかさ?なんでみんなパリなの?

結:絶対日本帰ります!

こんな感じで、書けば大丈夫。っていうか、たぶん、ほとんど読んでないと思います。汗

起:なぜフランスなのか?

僕の場合、フランスに興味を持ったきっかけを書きました。

簡単に書くと、

外国人の友達や、会うやつ会うやつ、みんなフランス人で、マジ運命感じた!こりゃ行くしかねぇ!と決めちゃった!

ものすごく、頭悪い文ですが、要約するとこんな感じで書きました。

承:フランスで何しますか?

これは、みなさんある程度希望があると思います。

例えば、モンサンミッシェルに行きたい、パリジェンヌになりたい、フランスパン食べたい…etc

僕が書いた例を要約すると

マジ、フランスすげぇ!ガレットうめぇ!てか、騎士道と武士道って似てねぇ?

大体こんなことを、頭良さげに書きました。

転:っていうかさ?なんでみんなパリなの?

転については、人それぞれだと思いますが、僕はパリには行かないので、これを転に使いました。

例えば

みんなパリに行き過ぎて、TVとかで流れすぎててもう、先入観あるんだよね?それって面白くなくね?

起承転結は大事ですが、実際そんなに重要ではないので、サラッと書けばいいと思います。

結:絶対日本帰ります!

こちら、非常に重要です。

多分、この申請動機作文で一番重要です。

ワーホリで、どこかの国へ行き、その国に居ついてしまう人が、非常に多く、特に近年ヨーロッパは移民の問題もあり、とてもセンシティブになっております。

できれば、日本に帰ってきて何をするのか?嘘でもいいので、ある程度詳しく書いた方がいいと思います。

1年後日本帰って、世界は小さく見えるだろ。NPOの活動にも参加したいし、ゲストハウスの運営にも興味があり、僕の持っている資格があれば営業できます。帰国後は、情報を受ける側ではなく、発信できる場を探すつもりです。

さすがに、僕もここだけは真面目に書きました。嘘も多少混ざってますが、帰国する意思を書きました。

本当に、重要なので、適当にならないようにしてください。

まとめ

ワーキングホリデー・ビザ申請書は簡単ですが、申請動機作文は悩ましいとは思います。

しかし、上に書いたことや、今フランスのワーホリについて書いている他のブログ記事を読んでもらえれば、イメージが湧いてくると思います。

何度も言いますが、必ず日本に帰る意思を書いてください。

フランス人と結婚して、フランスに住んで、毎日アペロをするー!とか、バカなこと書かないようにしてください笑

もしも、行き詰った場合、お気軽にご相談ください。

コメント