もう疲れない!仕事にLogicool「M570」トラックボールマウスのすすめ

コラム

どうも!Mr.SPAGHETTI(@mrpa555)です。

今、どこの会社で働いても、必ず使わなければならないのが、パソコンです。

そして、パソコンを使えば、必ず触るのがマウスです。

あなたは今のマウスに満足してますか?

Sponsored Link

Logicool(ロジクール)のM570とは

とにかく握りやすく、一日中作業をしてても疲れが殆どありません。

また、ボタンが、右クリック、左クリック以外に3つあり、計5つあります。それぞれにショートカットをインプットできるので、応用的な使い方をすれば、仕事の作業効率は上がること間違いなしだと思います。

普通のマウスと、決定的に違うのは、動かさなくていいこと!

青い球を親指で動かして、操作します。

最初は慣れない動きで抵抗があるかもしてませんが、1時間も使えば、手放せないほど快適に作業できます。

現に僕がそうでしたから笑

意外なことに、指の中で親指は1番繊細な動きが出来ると言われています。なので、クリックミスや、Excelなどでドラッグしすぎてイライラなんてことが、劇的に少なくなります。

僕は、家と職場で2台使っています。

マウスの悩み

一般的なマウスだと、様々な悩みがあると思います。

  • 指、手首が疲れる
  • 腱鞘炎になった
  • マウスを置くスペースが小さい
  • 置き場所が狭くて、カタカタ移動させないといけない
  • ノートPCのポインターだと作業しにくい
  • クリックをよくミスしてイライラする
  • そもそもマウスが使いにくくて、長い時間作業する気がおきない

一般的な有線マウスだと、様々な問題が起こります。特に、腕が疲れて、作業効率が落ちるのは、本当に無駄ですよね。

置き場所に困らない

普通のマウスだと、動かして操作するため、ある程度のスペースが必要になります。

しかし、トラックボールは、親指で操作するだけなので、場所を選びません。例えば、上記のように太ももの上でも操作可能なのです!

とにかく作業が効率化

例えば、一度カーソルを動かして、クリックをするという普通の動作をする場合、普通のマウスだと3つの手順があると思います。

①マウスを動かし、スクロールする。

②腕を動かす。

③クリックする。

この動作がトラックボールなら2つになります。

①親指を動かし、スクロール。

②クリック!

右手だけで全ての作業ができるので、動作が少なく、すぐに作業することが出来ます。

これを覚えてしまうと、ノートPCのポインターや、普通のマウスには戻れなくなりますよ。

使い方とメンテナンス方法

詳しく説明したいのですが、とにかく全てが簡単なので、特に説明のしようがないです。

Bluetoothレシーバーを差すだけ

こちらの写真右上の、黒いレシーバーを差すだけで動きます。

こちらのレシーバーをUnifyingレシーバーと呼び、同じLogicoolの製品であれば、最大6台までこれ1つで使用可能です。

なので、私のように、Logicoolヘビーユーザーには非常に嬉しく、キーボード、マウス、コントローラーなど、すべてこれ1つで賄えます。

特にゲーミングで使う人には、コントローラーも使えるのがうれしいですね。

USBポートを1つしか場所を取らないのは、とても便利ですよね。

電池寿命について

必要なのは、単三電池1本

こちらのLogicool、M570の製品情報によると、最大で18ヵ月使えるそうです。

職場で使っているものは、一日に9時間ほど作業し(働きすぎ)

現状、最後に電池を変えてから、1年半以上使ってます。

また、家のものは、買ってから電池を変えたことがありません!それも2年間です!

一度、職場で使っているトラックボールの電池を変えましたが、電池が無くなる直前は、操作が不安定になったり、動作が重くなりました。

なので、操作をしていて、違和感を感じたら電池の変え時です。

メンテナンス方法。ティッシュだけ用意

トラックボールは、長く使っていると動作が、鈍くなります。

そんな時は、球を抜き出し、センサーに絡みついた埃を軽く拭き上げてください。

おおよそ15秒で終わります。

メンテナンスといっても、トラックボールを取るだけなのですが、写真のようにボールを取り出します。

本体の裏側に、穴があるので、そこに親指を突っ込めば、ポロっと取れます。

ボールは、軽くティッシュで拭き上げる程度で大丈夫です。

そして、トラックボールが入っていたところに、普通のマウスと同じく、センサーがあります。

これを、軽くティッシュでふき取るだけでOKです。

技術的なメンテナンスはこれだけです!

あとは、マウスは基本的に汚れているものなので、小まめに拭き上げると清潔を保てると思います。

デメリット

ここ2年半ほど使用して、特にデメリットは感じなかったのですが、少し気になった部分や、もう少し改良できるだろ~って箇所を紹介したいと思います。

電池の減りがわからない

1度しか、電池を交換していませんが、電池が無くなってくると、動作が不安定になり、変なところでダブルクリックや、カーソルがどっかいってしまうことがあります。

それが、電池交換の合図なのですが、もう少しわかりやすく表示できないものかと思います。

実際作業中に、ダブルクリックなんて発生したら、イライラしますしね。

意外とサイズ感がある

本体の重さは、殆ど感じないのですが、一般的なマウスに比べて大きいです。

持ち運べないレベルではないですが、少しかさばります。

しかし、置く場所を選ばないので、そんなに問題ではないかと思います。

普通のマウスだと、場所が必要ですが、このトラックボールなら、親指が動けばどこでもいいので!

まとめ

今まで、いくつかPC用品は購入し、使用していますが、正直ここまで愛用しているのは、LogicoolのM570だけです。

僕の場合、ゲーマーが使うっていうのが、なんか嫌で、仕事で使いたくなかったんですよね。汗

でも、実際に購入してみると、一気にトラックボールの魅力に引き込まれました。

特に、腕が疲れない、親指だけで操作、無線接続という利点に非常に惹かれます。

マウスは、パソコンを使う仕事の方なら、誰でも使うと思います。ぜひ一度使ってみるといいと思います。

戻れなくなります笑

コメント