恋人は地球の裏側!超遠距離の国際恋愛を乗り越える12のこと

恋愛

こんにちは。現在一時帰国中のパスタ(@mrpa555)です。

誰と恋愛関係になろうが、必ず出てくる距離の問題。心の距離もありますが、恋人が外国人であれば、物理的な距離がある上に、時差もある

僕の場合は、彼女がフランス人で9,100kmも離れたフランスと、日本の超遠距離です。しかも現在フランスはサマータイムで、日本との時差は7時間もあります。

旅行、留学、ワーホリで素敵な出会いがあり、そこで恋に落ちたとしても、距離のことなんて考えたりしないですよね。

僕はVISAの関係で、彼女をフランスに放って帰ってきましたが、今のところ、問題なくお互いの関係を保てていると自信を持って言えます。

どうやって僕たちが、この関係をキープしているのか、今回はその紹介をしようと思います。

Sponsored Link

遠距離恋愛は楽しめる5つのこと

遠距離恋愛と言うと、会えなくて辛いや、切ないといった感情が出てくるのは当然。

僕自身、彼女の家に2カ月も住んで、日本に帰って、朝、目が覚めた時、猛烈な寂しさを感じました。

ひと昔前なら連絡を取るのも、手紙で送って、相手が受け取るのは数日後。

国際電話はとんでもなく高いが普通でした。

しかし現在は、Skypeなどビデオ電話は無料で出来てしまう時代です。

今インターネットが発達してるからこそ、遠距離を利用して楽しめることが山ほどあります。

超遠距離ながら、僕たちが今の関係をキープするためにしていることを、5つ紹介します。

メッセージ、チャット

これは当然やります。僕は、あまりマメな方ではないのですが、必ず「おはよう」「おやすみ」は、毎日連絡するようにしています。

あとは、一日あったどうでもいいことですね。

僕の場合、彼女が日本語を勉強しているので、LINEで「しりとり」をしていることが多いです笑

メッセージやチャットは、相手の時間を取る上、時差があると、かなり辛くなります。なので、お互い、「返せる時に返そう」と、それだけ決めています。

ビデオ通話

フランスという国は、本当にインターネットが弱いから、彼女が外出しているとできないのですが、、、、

なるべく彼女と時間を合わせて、ビデオ通話するようにしています。

僕らの中では、これがデートですね。

なので、ビデオ通話のために、予定をお互い空けています。もちろん、できなければ無理はしない程度に。

オンラインゲームをする

これは彼女の案だったのですが、オンライン上2人で、チームを組み、狩りに出かけています笑

僕は、ゲームをしない人なのですが、これが意外と楽しいんです。

今の時代、オンラインで会えるのって素敵じゃないですか?

プレゼントを送り合う

僕は3カ月に一度、フランスへプレゼントを送ることにしています。

もちろん僕自身が、箱に入って送られたい気分ですが、、、

お金がない時は、今まで2人で撮った写真を切り取ってアルバムにして送ろうかと考え中です。相手が、フランス人で、お金を使わない彼女なだけに、あまり高価なものは嫌いだそうです。

国際便で手紙を出す

彼女が急に送ってきたのですが、これ意外とうれしいです。

今の時代、インターネットですぐに連絡を取り合え、ビデオ通話ですぐに相手の顔を見れます。

だからこそ、手書きの手紙というアナログな気持ちのこもったものをもらうと、とても嬉しく、またそれが、2人の思い出になって行くでしょう。

国際恋愛を楽しめる3つのこと

国際恋愛は、お互い文化の違うもの同士が魅かれ合うこと。

そこには凄いカルチャーショックもあるし、理解できないこともあります。

しかし、それを認められるから、国際恋愛は楽しいのです。

日本のことがわかる

僕は生まれも育ちの日本なので、日本のことはよく知っているつもりです。

しかしよく知っているが故に、当たり前になっていることが多々あり。

外国人の恋人と付き合うことによって、相手から見た日本のことを知れるようになり、また、自分では気づかないことも多々あります。

こうした「外国人視点」の日本は、一番自分を驚かせ、改めて日本に興味が沸くきっかけにもなるわけです。

例えば、日本人のトイレにかける情熱は頭おかしい。

彼女が日本に来た時、トイレのウォシュレットと音姫に驚いたそうで、あそこに技術そそぐなら、もっと他にあるだろ!と笑

国際恋愛を通して世界を知れる

僕はこれが大きいと思う。

相手の国や文化、風習をリスペクトすることはもちろん、様々な違い驚きます。

先ほどの日本をもっと知れるのと同じで、世界のことをもっと知れるのは、無知が嫌いな僕にとって凄く素敵なことでした。

むしろ、日本人と付き合うにしても、教養とかではなく、体験や知恵を持っている人に憧れる僕は、サピオセクシャルなのかもしれない。

毎日考えるのが楽しくなる

これは誰と恋愛関係になっても同じです。

僕たちは現在、プレゼントを郵送したり、手紙を送り合ったりしています。

その中で、次はどんなことをやろうか?これを教えたら面白いんじゃないか?と、色々なアイディアを考えるのが楽しくて仕方がない。

これは彼女自身も言っていて、同じ国同士で付き合うと、すぐに会えるからあまり気にしないけど、国が違って、距離があると、何でもやりたくなるねと。

もちろん誰とでも同じですけどね。

遠距離の国際恋愛が辛いとき

今のところ感じたことはないですが、僕たちはお互い決めていることがあります。

だからストレスをあまり感じてないんだと。

言いたいことは全て言え

会えない以上、なかなか伝え難いこともありますが、悲しいけど、言葉を交わせるツールは電話のみ。

なので、言いたいことはしっかり伝えてくれ!と言っています。

ただでさえ、僕たちの母国語は違う上に、日本は少しめんどくさい文化があります。

僕はこれを彼女に言われ、少し怖かったですが、今のところ、彼女から不満の声はあがっていません笑

やりたいことをやること

会ってのデートはできないので、電話やオンラインゲームをやる時、お互い時間を合わせてやりますが、それ以外は自由です。

特に縛られないで、やりたい事をやればいい。

常に恋人が、隣にいるとそれは楽しいですが、できないこともあります。なので、お互い生活の中心を恋愛だけに置かないようにしています。

悲しいように聞こえますが、意外とこれがストレスフリーです。

イヤらしい電話をする

バカな話だけど、そんなことやってます。

肉体的に触れないので、電話でバカなことを話しています。

どうしても会えないと、ドキドキする機会が少なくなってくる。なので、多少バカなことを言ったり、相手の言語で甘い言葉を言ってみたり。。。

 

本当にバカだと思いますが、割と楽しいですよ。

恋人が外国人で、下手な日本語だっても、日本語で甘い言葉を言われたらドキドキしますもんね。

 

目標のない国際恋愛はしないこと

僕はかなり早い段階から、彼女には、どうなりたいという事を言っています。

また彼女もそれを受け入れ、それに向かって進んでいる状態です。

海外に出ると、体だけとか、男女問わずメチャクチャ多いです(女性からもある)

 

本気になれない。不安だ。

 

覚悟がないなら、さっさとお互い傷つく前に別れてしまった方がいいと思います。

それに遠距離となると、会いに行くのも10万以上飛んでいきます。

ですがお互い言いたいことが言い合え、一緒にやりたいことがあるなら、気が済むまでやればいいと思う。

遠距離恋愛は2人の関係を深めるチャンスです。

 

辛い、切ない、寂しいではなく

 

楽しくポジティブに考えていきましょう。

コメント