【フランスワーホリ申請】VISA面接前に申請書を最終チェックと面接予約タイミング

フランス

どうも!Mr.SPAGHETTI(@mrpa555)です。

今まで、フランスへのワーホリ申請の手順を書いてきましたが、大使館への面接タイミングと、面接前にしっかりチェックすることが必要です。

もしも、忘れ物をしてしまった場合、最悪、VISAがおりません。

しかも、フランスの場合、東京の大使館に行かないと、面接が出来ないので、地方出身者には非常に負担です。

こちらのブログに申請書類の書き方を詳しく書いていますので、何度も見直し、自分の書類と照らし合わせましょう。

Sponsored Link

 フランス、ワーホリ申請必要書類

まずは、恒例のさらっと、おさらいします。

  1. パスポート ←今ここ
  2. 申請書類チェックリスト ←今ここ
  3. 長期ビザ申請書一部(証明写真含む)
  4. 申請動機作文(仏・英・日本語のいずれかで記入)
  5. 滞在中の計画書(仏・英語のいずれかで記入)
  6. 履歴書(仏・英語のいずれかで記入)
  7. 残高証明書(仏・英語のいずれか)
  8. ワーキングホリデービザ宣誓書
  9. 健康診断書(日本語可)
  10. 海外旅行保険加入証明書(仏・英語のいずれか)
  11. 返信用封筒(切手を貼付して) ←今ここ

New面接予約 ←今ここ

VISA面接

ワーホリだけでなく、何のVISAを申請するにも、大使館での面接が必要になります。

ワーホリの面接は非常に、簡単なものですが、大使館はいつも混んでいます。

早めの行動がいいでしょう。

申請書類の最終チェック

フランスのワーホリ申請は、申請書類が多いだけあって、ご丁寧に「申請書類チェックリスト」があります。

こちら、大使館のHPからダウンロードしておきましょう。



VISA面接の予約手順

まずは、こちらの大使館のHPへ移動しましょう。

そして、「Booking an appointment」をクリック。

こちらのページで、VISA面接の予約を受け付けています。

次にこのページ行きますが、今まで書類を全て揃えているならば、特に難しく考えずに、①にチェックを入れ、NEXTで次のページへ行きましょう。

日時を選ぶのですが、自分の希望時間を適当に選んでください。

ちなみに、希望時間の30分前ぐらいにならないと、大使館へは入れないので、それも覚えといてください。

あとは、個人情報を入れるだけで、完了です。

面接予約が完了すると、記入したメールアドレスに、確認メールが飛びます。

そのメールに添付されている「confirmation」は、面接時に必要ですので、必ずプリントアウトしましょう。

面接の予約タイミングについて

だいたい、夏を目途に留学や長期的に海外に行く人が増えるので、6~7月のVISA面接は非常に混みやすいそうです。

なので、余裕をもって、2週間前には予約されることを、おススメします。

予約するタイミングとしては、申請動機作文、残高証明書、海外旅行保険加入証明書を手に入れた辺りで、VISA面接を予約するのがいいかと思います。

他の書類は、本気を出せば1日で書き終わるからです。笑

申請書類チェックリストについて

本当に、フランスのワーホリ申請は、書類が多い為、チェックリストが用意されています。

こちらと照らし合わせ、書類が全て揃っているか確認しましょう。

そして、コピー1部と書いてありますが、万が一何かあった時の為に、全てコピーを1部持っておくのがよいと思います。

返信用封筒について

面接が終わり、しばらくすると、VISAの合否が届きます。

面接時に、パスポートを預けるので、郵送で帰ってくるのです。

その際、切手を貼ってなどとありますが、僕は断然楽な、レターパック510をおススメします。

そして、レターパック510を購入したら、自分の氏名と住所だけ記入しておきましょう。

まとめ

ここまできたら、あとはVISA面接に行くだけです。

落ちたって人は聞いたことないですが、皆様の幸運を祈っております。

もしも、不明なことがあれば、お気軽に聞いてください!

では、Good Luck!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント