【完全版】無料で仏ワーキングホリー申請のまとめ【フランス留学】

フランス留学

フランスでワーホリ滞在中のパスタ(@mrpa555)です。

 

フランスのワーホリ留学手配が自分で出来るって知ってましたか?

 

この度、フランスのワーホリ申請書の書き方の記事が全て書き上がったので、こちらの記事でまとめていこうと思います。

ワーホリにエージェントと言った代行サービスを利用される方が、非常に多いですが、ワーホリや語学留学ぐらいなら、自分で手配した方が、安く費用が抑えられます。

費用を抑えれば、それだけ現地に着いてからの余裕も生まれるわけです。

また、自分でやった方が、留学への重要度をが増しますよね。

では、説明していきます。

Sponsored Link

フランスワーホリ申請まとめ

  1. パスポート
  2. 申請書類チェックリスト
  3. 長期ビザ申請書一部(証明写真含む)
  4. 申請動機作文(仏・英・日本語のいずれかで記入)
  5. 滞在中の計画書(仏・英語のいずれかで記入)
  6. 履歴書(仏・英語のいずれかで記入)
  7. 残高証明書(仏・英語のいずれか)
  8. ワーキングホリデービザ宣誓書
  9. 健康診断書(日本語可)
  10. 海外旅行保険加入証明書(仏・英語のいずれか)
  11. 返信用封筒(切手を貼付して)
  12. 面接予約

ざっと書いて、フランスへのワーホリでは、これほど準備が必要な書類があります。

こんなに準備書類が多いのは、フランスぐらいだそうです。

準備まとめ

もう迷わない!長期ビザ申請書の詳しい書き方【フランスワーホリ申請】

【フランスワーホリ申請】申請書と申請動機作文の書き方について

【フランスワーホリ申請】滞在計画書、履歴書の詳しい書き方

徹底解説!残高証明書、宣誓書、健康診断書の詳しい書き方【フランスワーホリ申請】

入国日を決めたら海外旅行保険加入証明書をもらう【フランスワーホリ申請】

【フランスワーホリ申請】VISA面接前に申請書を最終チェックと面接予約タイミング

大使館へビザ面接に行って、1週間でVISAがおりた話【フランスワーホリ申請】

留学保険について

これは、海外旅行保険加入証明書の記事にまとめて書いておりますが、絶対に疎かにしないほうが良いです。

確かに僕は、アメリカで骨折し、124万も支払いました。

その為、1年間本気で働く羽目になり、本当に苦労しました。

そこで、海外旅行保険は、各社に資料請求し、しっかり見極めた上で、判断するのが良いかと思います。

ワーキングホリデー保険ならAIU

また、フランスといえども、日本と比べて危険は沢山あります。

 

あなたは、予防にお金をかけますか?それとも事後にお金をかけますか?

 

僕は、予防にお金をかけたいです。

フランスワーホリの持ち物

僕は、ワーホリで1年も滞在するのに、荷物が非常に少なかったです。

なぜなら、無駄なものを全て省き、なるべく身軽にしたのです。

現在、海外でもどこでも同じようなものが買えます。わざわざ日本から買っていくこともないでしょう。

また、日本でこれだけは買っていった方がいいというものだけ、下記でまとめています。

まとめ

とりあえず、このまとめ記事たちをしっかり読めば、なんの問題もなく、ワーホリビザが発給されるかと思います。

ちなみに、本当に今までワーホリ落ちたという話を聞いたことがないのです。

一応、矛盾点が無いように書類はしっかり目を通すことをおススメします。

では、よき旅を!!

コメント