スポンサーリンク

フランス ワーホリ/留学 旅行

リヨンの治安は良い?悪い?【フランスワーホリ/留学】

こんにちわ!ワーホリでフランスに滞在中のMr.スパゲティ(@mrpa555)です。

基本的に置き引きやひったくりが多いと言われるヨーロッパで、僕はリヨンに4ヵ月ほど滞在しました。

その中で、毎日知らない人3人に声をかけ、4ヵ月では普通知れないことまで知ることができました。

そんな僕が、今回リヨンで感じた治安についてお伝えしようと思います。

前もって言っておきますが、リヨンの人は基本的に親切です。

スポンサーリンク



置き引き、ひったくりについて

基本的にヨーロッパは、置き引き、ひったくりが多いと言われていますが、それはどこでも起こりうることなので、用心するにこしたことはないでしょう。

もちろん、超安全と言われる日本でも昔から起こっています。そういった犯罪を犯す人はどこの国にもいるのですね。

ちなみに僕は、4ヵ月リヨンにドップリ浸かり、その中で2回ひったくりを見ました。

何故か2回ともベルクールという中心で見た為、声を挙げれば、誰かしらが助けてくれる場所です。僕もそのひったくり犯を追いかけ、お縄になるところまで見届けました。

基本的にリヨンの人はそういった人間らしいことが出来る人が多いです。

しかし、残念なのは声を挙げている人、無視して見ているだけの人達です。これもどこの国にもいますね。

在リヨン領事館情報

在リヨン領事事務所

リヨンには、日本の領事館があります。

そこの情報によると、ホームステイ先での性的被害が増えており、また、日本人が留学生に家を貸し詐欺をするという被害があるそうです。

僕は今までの経験上、海外在住の日本人を100%信用していません。むしろ、言葉が通じると言う理由で信用するにはあまりに浅はかです。言葉が通じるからこそ、騙しやすいのです。

海外にいる日本人に気をつけろ!留学生、在住者を食い物にする悪魔

フランスのワーホリで仕事見つけの方法と注意点【留学/ワーホリ】

注意すべき場所

基本的にはとても平和なリヨンですが、一応注意する場所が5つ存在します。

  • ベルクール
  • パールデュー
  • ペラーシェ
  • ホテルドゥビレ
  • ギルティエール

ギルティエール以外は、リヨンに来たら絶対に通るような場所なので、注意が必要です。

ベルクール広場

リヨンの中心で、ルイ14世の銅像がある街の広場です。

僕の印象では、ストライキやデモがよく行われている場所というイメージがあります。

ストライキやデモはフランス国内ではよく行われているのですが、常にこのベルクール広場は人が多いので、ひったくりや置き引きが多いです。

僕もここで2度見かけています。

ただ、末期的に治安が悪いということはないので、用心する程度で大丈夫です。あと、何か自分の身にあった時は大声をあげること

パールデュー駅周辺

リヨンの主要駅で、リヨン空港からやバスでリヨンにつくと、必ず訪れる場所です。

ここは、旅行者を対象にスリが多いそうです。

確かに駅周辺に寝そべっている浮浪者が多いです。

またローヌエクスプレス内での置き引きが非常に多いので、自分の荷物から目を離さないようにしましょう。

リヨン市内からサン=テグジュペリ国際空港への簡単アクセス方法

ペラーシェ駅周辺

このペラーシェも主要駅で、バスターミナルからほぼ全ての電車の始発点です。

ここも旅行者を狙ったスリ、置き引きが多いです。また、このペラーシェ周辺にはホテルも多い為、それを狙った置き引きも多いです。

実際、僕の友達はここで携帯をスラれたそうです。

ホテルドゥビレ周辺

いわゆるリヨンのダウンタウン。

街の中心地なので人が多く、また夜になるとバー、クラブが多い為、酔っ払いが多いです。

僕の感覚的には、東京でいう新橋なのですが、アグレッシブ人も多いので、路地には入らない方がいいでしょう。

ただ、リヨンで人と待ち合わせると、この駅になることが多いです。

ギルティエール

リヨンに住む人全員が声を揃えて、ギルティエールは危険だと言います。

駅に行けばわかりますが、血気盛んな人たちが、たむろしています。

ここは、スリ、置き引き、ひったくり。全て多い場所ですが、それよりも、見ず知らずの人に殴られるという暴行事件が多発しています。

僕がいた4ヵ月の間に、暴動も2回起こっています。

ギルティエールは、アジア系マーケットと、アラビック系レストランが多く、親切な人も多いのですが、旅行でフラフラするような場所ではないと思います。

また、売春、ドラッグなどのアンダーグラウンドなものも沢山あります。近寄らない方がいいでしょう。

ちなみに、僕はギルティエールに住んでいました。笑 なので、この街をよく知っています。

その他注意点

個人的には、街の中心のベルクールからホテルドゥビレに行く、メインストリートも中々めんどくさいなぁと思います。

ここは、旅行者が多い為、宗教の勧誘、募金の強制、物乞いが非常に多いです。

普通に道を尋ねられることもありますが、基本無視でOKです。

特に、募金を求められる場合、恵まれない子供の為に!とか言ってきますが、財布ごと取られることもあるそうです。これはパリでも同じですね。

警察はどこにでもいる

リヨンの場合、マシンガンなどのピストルを持った警察がどこにでもいます。これは、テロ対策なのですが、ある程度安心感がでます。

しかし、警察は実際動いてくれないことの方が多いので、自分の身は自分で守りましょう

まさか海外で、カフェに入って机の上に、スマホを置きっぱなしにするとかしないと思いますが。。。

海外旅行保険は効率よく

僕自身、アメリカで強盗に会い、iPhoneと奥歯を失った経験があります。

アメリカに行くなら、クレジットカードは3枚持つべき理由【留学、旅行、就労】

それ以降、海外に行くときは如何なる場合でも海外旅行保険に入ることにしています。実際、海外旅行保険に入ると手間ですが、今はクレジットカードに付いている時代です。

また、海外はクレジットカード社会なので、持っているだけで便利で、さらに海外旅行保険がついているなら、1枚作っておくべきだと思います。

 

海外旅行傷害保険付帯

-フランス, ワーホリ/留学, 旅行