パリのLCLピラミッド支店なら銀行開設が簡単【ワーホリ/留学】

フランス留学

こんにちわ!ワーホリでフランスに滞在中のパスタ(@mrpa555)です。

これまでフランスで様々な問題に出会ってきました。できればこれが最後にしたい!という事で、パリで銀行を開設してきました。

正直、N26の口座を持っているし、フランスで銀行は必要ないと思っていましたが、実際に働くと小切手で給料が支払われたり、フランス国内銀行が発行するRIBでないと、受け取ってもらえないなどの問題があったので、急遽銀行を開設することにしました。

Sponsored Link

LCLの開設流れ

もしも、フランスで正式な就労に就くことがないなら、N26で十分です。

僕は何度も言ってますが、フランスのアドミニストレーションは、今まで行った国の中で一番ムカつかせます。

また、学校に通う場合、学校が銀行を紹介してくれるので、そちらの方が、スムーズに物事が運びます。ぜひ、入学予定の学校に問い合わせてください。

↓合わせて読みたい↓

たった数分で完了!ドイツ発のオンライン銀行N26の開設方法【フランス留学/ワーホリ】

【フランスワーホリ】知って得する難しいこと5選

LCLピラミッド支店

まずはここに行ってください。

ここのLCLは日本人スタッフも駐在しており、スタッフも大体日本語を話せます。

でも、初めから日本語を話すのは失礼なので、このように言いましょう。

Bonjour!(こんにちは!)

Je veux ouvrir la banque.(銀行開設したいです)

J’ai entendu dire qu’il y a quelqu’un qui parle japonais ici.(ここのスタッフは日本語が話せるときいたのですが、、、)

こういうと、「日本語で大丈夫ですよー」と、言われます。

フランスの銀行開設は予約が必要

フランスで銀行を開設するなら、一度銀行に顔を出し、開設案内を受ける予約を取らないといけません。

すぐに開設できないので、注意しましょう。

特に9月など、新学期が始まるシーズンは大変混みあうそうです。

必要書類

パリ以外の銀行で、外国人が口座開設するのは不可能です。しかし、パリなら何かと楽です。金払えば。

  1. 身分証明書(パスポートとVISAまたは滞在許可証)
  2. 住居証明(下記のいづれか1つ)
    賃貸契約書
    公共料金の請求書
    ホームステイの場合…オーナーの署名入り住居証明書ならびに公共料金の請求書のコピー
  3. 学校で発行された学生証または入学許可証。または、給与明細。
  4. デポジット520€(2018年現在)

パスポートは原本でなければなりません。

住居証明書は、預けることになるので、コピーを取ってから行きましょう。

デポジットは、保証人が居ない外国人が、口座を開ける為の保証みたいなものです。

不要なものは付けないこと

ワーホリなら1年。学生なら5年程度しか、フランスにはいれないので、案内される不要なものを絶対につけない方がいいです。

要は、現金を引き出せ、預けられればそれでOKです。

相手は銀行なので、あの手この手で金を支払わせようとします。

ちなみに、LCLのピラミッド支店は正直、評判悪いです。

しかし、ここほど簡単な書類で銀行開設できるところはないので、我慢しましょう。

フランスの銀行は1ヵ月みること

フランスで銀行を開設するとなると、1ヵ月はかかります。

それは、マネーロンダリングや、闇取引に使われる可能性があるため、いくらあなたが一切そういうことに使わないとしても、銀行は慎重です。

作ったことを忘れたころに、家にカードが送られてきて、アクチベートすれば、開設完了です!!

また、帰国する際、銀行を閉じることも忘れないようにしましょう。でないと、維持費をひたすら取られます。

コメント