スポンサーリンク

コラム フランス ワーホリ/留学 仮想通貨 旅行 日常 趣味

パリのビットコインセンターとATMに行ってきた【仮想通貨/BTC】

2018/01/14

こんにちわ!ワーホリでフランスに滞在中のパスタ(@mrpa555)です。

実はパリにはビットコインなどを取り扱う、有人取引所があります。

ここでは、Bitcoin、Ethereum、Rippleなど、250種類以上の暗号通貨を購入することができるのです。

また、パリにはビットコインATMも4つほど存在します。

早速潜入してきたので、状況を伝えられればと思います。

スポンサーリンク



La Maison du Bitcoinについて

最寄りメトロ: Sentier

住所: 35 Rue du Caire, 75002 Paris

場所はパリのど真ん中です。商店街の中間あたりに位置します。

ここでは、250種類以上の仮想通貨を有人で売買でき、2017年のビットコインが上昇した際、長蛇の列ができたそうです。

購入に必要なもの

  • 身分証明書
  • パスポートまたは、滞在許可証
  • クレジットカード

このビットコインセンターでは、現金での購入ができません。必ず、クレッジットカードが必要になります。

また、僕も実際に入って、購入できるか聞いてみたところ、ウォレットを持っており、身分が証明できれば購入可能だそうです。

僕は既に日本でZaif取引所の口座を持っているので、購入はしませんでしたが、有人の取引所だと謎の安心感がでますね。

購入手数料は割高

クレッジットカードでの購入は300€が最低取引で、日本円にして、33000円ほどです。

そして、段階を踏んで手数料が取られるのですが、~500€までは、10%も取られます。

しかし、何故高いのかと言うと、購入の際アドバイザーからの助言が聞け、有人で作業する為かと思います。

いわゆる証券取引所みたいな感じですね。

日本でも、ビットコインセンターみたいな仮想通貨取引所ができれば、このような営業形態になることが予想できます。

僕は、すでに日本で口座を持っているので、有人取引所は必要ありません。Zaif取引所なら、マイナス手数料なので、ビットコインを購入すれば少しお金がもれます。(完全に自己責任で)

Zaif口座を作る

ビットコインセンターの客層

ざっと見た感じ、年配の方や、若い男性が来店しているイメージでしたが、意外や意外。

大学生みたいな若い女性もまぁまぁいました。

日本ではまだまだ、認知が少なく仮想通貨に批判的な声もありますが、フランスでは、新しいものに興味を持つ人が多いんだなぁと感じました。

また、若い女性がいると、口コミがすぐに広がっていくので、インターネット上だけでなく、巷でビットコインの噂を聞く日も近いと思います。

ビットコインATM

日本の六本木を皮切りに数個のビットコインATMがあると聞きましたが、パリには4つほどあります。

これは、仮想通貨のウォレットを持っていれば、誰でも売買ができるATMです。

今後銀行ATMと同じように、ちょっとお金余ったから、BTC買っておくかーみたいな、低額投資が気軽にできるようになりそうです。

ただ、2018年1月現在も、ビットコインを筆頭に様々な通貨が安定せず上げ下げをしているので、実際に様々な場面で使えるようになるのは、まだ後の話だと思います。

特に100万単位で支払いをすると、万単位で誤差がでますからね。受け取り側としては安定しない通貨は不安要素でしかないです。

最後に

ビットコインが世に出回って、10年が経とうとしています。

ブロックチェーンの開発は進み、様々な仮想通貨が出回りだしました。

しかし、不安要素なのが、価格が安定せずに、使える場面が少ないということ。

個人的には、通貨としての使い道だけでなく、次世代SNSとして流行っていけばいいなぁと考えています。

例えば、今世界的に匿名かつその場限りのSNSが急速に流行り出しています。例えば、Snapshotなどが有名な例です。

ブロックチェーンの技術として、暗号化に長けていることから、そちら方面の広がりもアリだと僕は考えていますよ。

今、仮想通貨に投資している人は、気づいていると思いますが、個人で仮想通貨を開発できる日も近いでしょう。

-コラム, フランス, ワーホリ/留学, 仮想通貨, 旅行, 日常, 趣味