京都、羽束師の運転免許試験場で、国際免許を取得したまとめ

ワーホリ/留学

こんにちわ!フランスへ渡航中、空港からMr.スパゲティ(@mrpa555)です。

今回、フランス渡航するため、一応国際免許をとりに京都の羽束師の運転免許試験場へ向かいました。

前回、アメリカ放浪時に、国際免許がなかったため、恐ろしいほど不便だったので、留学や就労で海外へ長期間行かれる方は、国際免許の取得をオススメします。

2400円あれば、すぐに取得できるので、そこまで手間はかかりませんよ。

Sponsored Link

京都府警察自動車運転免許試験場について

住所:〒612-8486 京都市伏見区羽束師古川町647

電話: 075-631-5181

受付時間: 受付時間
月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始の休日を除く)
午前8時30分 ~ 午前11時
午後1時 ~ 午後4時

車がないと、正直めちゃくちゃ不便です。

また、個人的に免許場って、メンドクサイ免許の更新にくる人や、取り消しをくらった人が多い為、日本有数の治安の悪いところだと思います笑

国際免許を京都で取得

まず、国際免許の受付は、本館 2階 8番窓口です。

しかし、国際免許の申請が少ないので、免許更新忘れの人らと同じで、長蛇の列が出来ているので、気を付けてください。

京都で必要なもの

  • 日本で使ってる運転免許証
  • パスポート
  • 写真1枚(縦5センチ×横4センチ)
  • 印鑑
  • 過去に取得した国際免許証
  • 2400円(発行料)

長期滞在の場合、VISAをもらっていると思うので、パスポートだけで十分です。

出張などの場合は、国からもらった出張証明書が必要かと思います。

証明写真は、「5 cm × 4 cm」です。意外に見つからないので、探してください。しかし、免許センターの証明写真BOXはオススメしません。なぜなら、みんな忘れるから長蛇の列です。

国際免許発行手順

  1. 列に並んで、国外運転免許交付申請書をもらう
  2. 1階の2番窓口で印紙を2400円購入し、割り印を押す。
  3. もう一度、列に並び書類を出し、1時間待つ。

とてもメンドクサイですが、この書類をもらうために、一度列に並ばなければなりません

そして、全て記入後、1階の2番窓口で、印紙を買ってください。

2400円です。

僕は、日本に生まれ育ち30年近いですが、未だに印紙がなぜ必要なのか理解できません。

さて、印紙を貼れば、もう一度8番出口の列に並んで、1時間の発行待ちです。

発行予定時間を、紙に書いてもらえますが、予定より早く出来るようなので、窓口の近くで待ってましょう。

名前を呼ばれたら、すぐに渡してもらえますが、それを見逃すと、また長い列にならばないとなりません。

京都の免許センターの印象

国際免許は、本籍地の免許センターで取らないといけません。

なので、京都在住の方は、羽束師まで行かないといけないので、非常に面倒です。

また、羽束師のセンターだけに留まらず、全ての免許センターに言えますが、とにかくイライラした人が多いです。

それによって免許センターの人も、役所仕事しかしません。

とにかくストレスの多い日になるでしょう。

やっと手に入れた国際免許

そんなこんなで、国際免許を取得できました。

しかし、使用可能期間は、取得日より1年なので、なるべく、渡航ギリギリで取得することをオススメします。

そして、帰国後は必ず返却するように!!

あと、紙で出来ているので、絶対に濡らさないように。えらいことになります。

では、国外で安全運転を願ってます。

 

コメント