スポンサーリンク

ダイエット フランス ワーホリ/留学 健康 旅行

フランス旅行で食費を安くする方法。【ワーホリ留学】

2017/10/04

こんにちわ!ワーホリでフランス・リヨンに滞在中のMr.スパゲティ(@mrpa555)です。

フランスに滞在し、1ヵ月が経ち、そろそろお金が底を尽きかけております。

買い物はユーロを使うので、為替の影響で当然高くなるのは当然ですが、実はフランスって食材が安いって知ってました?

外食すると、べら棒に取られますが、スーパーマーケットで売られている食材は、非常に安く貧乏旅や、貧乏留学には最適な国なのです。

スポンサーリンク



フランスのスーパーマーケット

例えば、フランスで有名なスーパーマーケットといえば、AUCHANがあります。

生ハム、チーズやバターなどは、日本では信じられない値段で売っています。

たとえば、日本で800円ほどするバターが1,5€と、飛んでもない値段で売られてます。

他にも、袋に入ったサラダは4食分入って、1,02€程度です。

フルーツは本当に安い

例えば、オレンジや、バナナ、桃など、日本ではそこそこ値段のするフルーツですが、フランスでは1€以下です。

バナナは1kgで、1,69€です。

メロン1玉が2,5€で売られてた時は、ぶったまげました。

しかし、カット済みのものはそこそこ値段がするので注意です。

つまり、摘み取ったままのものなら安くて、加工したものはそこそこ値段するのです。

オーガニックの波も来てる

近年、世界中でオーガニック食品の重要性が支持されています。(日本はまだまだ)

なので、街のそこら中に、オーガニック食材を扱った店があります。

そういった店は、日本と変わらないぐらいの値段がしますが、日本のオーガニックの定義とは違い、生産地から誰が作り、肥料は何を使ったか?など、とても詳しく調べられるので、食にうるさい僕には、最高の環境だったりします。

フランスでは、「Bio C' bon」という、スーパーが人気です。

外食はそれなりに高い

食材は安く手に入るフランスですが、外食をすると、すぐに15€を超えます

下手すると、水を飲むのも金を取られます。

ただ、食いきれないほど沢山の料理が出てくるので、そう考えるとお得感はあるのかな?と思います。

例えば、フランス料理コースを前菜から全て選ぶと、20€超えますが、まず食べきれません。しかし、日本では1万以上するのではないでしょうか?

そう考えると、何かとお得感はありますよね。

しかも、フランスでは食べきれないほどの料理を出してくれるお店は、評価が高いのです。

留学、旅行で食費の抑え方

さて、超貧乏で、草を茹でて食べて腹壊したことのある僕が、最高に腹持ちがよく、安い食材を見つけました。

世界最小のパスタ「クスクス」

こんなに腹持ちよくて、安い食材は今まで見たことがありません。

しかも、お湯を入れて5分待つだけで、すぐ食べれる!味付けは、塩だけでもOK!

このクスクス、スーパーに行けば、1€で買えます。

そして、1箱買えば、1週間十分持つので、コストパフォーマンスは最高に高いと思います。

なので、僕はこのクスクスを毎日食べています。

飽きると言う人もいますが、安いに越したことがない、腹に入れば何でも同じと考えている僕には最高です。

ちなみに僕は、クスクスに塩、またはトマトソースだけで食べていますが、それが正しいのか不明です。

日本でも売っているそうです。割と上手いのでぜひどうぞ。

まとめ

海外のご飯をマズイと言っちゃう人がいますが、そんな失礼なことはないかと思います。

例えば、イギリス人に向かって、お前のメシまずいな!なんて言えますか?相手は、それで育ってるんですよ。

食の悪口を言う奴は、もう一度「いただきます」から勉強し直せ!と思うわけです。

ダイエットを楽しもう!最短で出来る楽して減量。いただきますにまつわる話。

僕のように極貧で、海外を120%楽しもうと言うスタンスの人は、クスクスおすすめしますよ。

-ダイエット, フランス, ワーホリ/留学, 健康, 旅行