スポンサーリンク

旅行 日常

海外に行っても価値観は変わらない3つの理由まとめ

2018/01/21

こんにちわ!Mr.SPAGHETTI(@mrpa555)です。

最近、海外旅行が凄く行きやすくなりましたよね。

僕も、24歳頃から、海外をフラフラするのが好きで、よく海を渡り、そこら中、歩いてます。

そこで、憧れの海外生活とか言っちゃうけど、本当に日本よりいい暮らしができるの?という、疑問を解決したいと思います。

スポンサーリンク



憧れの海外生活とは

みなさんは、憧れの海外生活と言われれば、何を思い浮かべますか?

ロサンゼルスのハリウッドでプール付き大豪邸に住み、毎日パーティでバカ騒ぎですか?

それとも、スイスの山奥で木にかかったブランコに乗って、隠居生活ですか?

それとも、ロシアでコサックダンスでも毎日踊りますか?
スカイスキャナーで航空券比較検索

全ては幻想

どんなに海外に希望を抱いていも、本当に海外に出てみないとわかりません。

環境が変わっても、自分が変わらないと、何も変わらないと言いますが、大体の人は、そう考えるだけで終わります。

実際に、僕は2014年~2015年ぐらいまで、アメリカを彷徨っていました。

その時に見た、留学生や移住者の話を書こうと思います。

意外といい生活してるやん

いい生活とは、個人の判断ですが、僕が思うに、アメリカで出会った留学生や移住者は、僕が思うよりも素敵な生活をしていました。

つまり、毎日パーティーしようぜ!!みたいな、生活ではなく、地域社会に溶け込んだ、横のつながりのある生活です。

それって日本では難しいですよね?あなたの隣の部屋に誰が住んでるのか知ってますか?

留学生について

大半の留学生は、親の金でアメリカに来ています。

そりゃ、お金を使い切れば、親に相談して、送金されてきます。

つまり、親が金持ちです。

もちろん、何不自由ない生活です。

移住者について

どうして移住したのかは、人それぞれ様々な理由です。

しかし、彼らは言います。日本に居た時よりも、穏やかな気持ちになれると。

もちろん、移住申請を取るまで、弁護士を雇ったりと、非常にお金がかかります。

つまり金持ちです。

お金がなかったら?

基本的に、海外にいる日本人は、お金を持っています。

だから、それに見合った生活が過ごせるのです。

ちなみに僕は、6ヵ月以上アメリカに滞在したのに、30万と帰りの航空券しか持っていませんでした。

どうなりましたか?

はい。ホームレスです。

アメリカホームレス生活

こいつ何しにアメリカ来たんだ?という質問は山ほど受けました。

しかし、僕はお金がないので、部屋もホテルも借りれません。

仕方なく、教会で寝泊まりし、教会でボランティアしつつ、配給をもらってました。

スタバのカップにお金入れられた話

当時、ボロボロのジーンズ履いて、ビリビリに破れたシャツを着て、スタバのカップを持って、駅前で立ってました。

すると、どこかの貴婦人が、僕のコーヒーに25セント入れてくれた、、、

まだ、コーヒー飲んでたのに!という怒りと、本当にホームレスなんだ、、、という、悲しさが出てきて、ウクレレ買って路上で弾いてお金集めました笑

要は、僕は、割とどこでも生きられるタイプだと知りました。

ちなみに、写真でいいジャンパー着てるでしょ?もらいました。

まとめ

正直、僕みたいな極端な例だと、参考にならないかもしれませんが、たいていの留学生や移住者はお金を持っています。

しかし、彼らも最初は家がなく、仕事もなく、1からの生活をスタートさせているのです。

つまり、どんなに、夢の海外生活を描いていても、最初は本当に大変です。僕は、その大変さから逃げたんだよね~

そして、海外に行けば何かが変わると期待している方は、恐らく何も変わりません。

僕も、最初の2週間は人生で一番勉強しました。

つまり、努力できる人だけが、海外に行けば、人生を変えられるのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-旅行, 日常